敏感肌でも大丈夫なファンデーションの選び方

 

敏感肌の方にとって、ファンデーション選びはなかなか難しいのではないでしょうか。敏感な肌にファンデーションを付けると肌がヒリヒリしたりと、肌荒れ原因になってしまいます。

 

しかし仕事をしていたり、結婚式に招待されたり等、大人の女性にはファンデーションを付けない訳にはいかないシチュエーションがあります。
それでは敏感肌でも大丈夫なファンデーションを選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

 

敏感肌には、ファンデーションに含まれている油分が大敵です。なので敏感肌には、できるだけ油分の少ないミネラルファンデーションやパウダーファンデーションがお勧めです。

 

逆にリキッドファンデーションやクリームファンデーションは油分や防腐剤がミネラルファンデーションやパウダーファンデーションに比べて多く含まれているので避けたほうが無難です。

 

また同じミネラルファンデーションやパウダーファンデーションでも、できるだけシンプルな成分のものを選ぶと、より肌への刺激が少なくて済むでしょう。まずは敏感肌用のラインから出ているものを試してみるのがいいと思います。

 

敏感肌用のラインといっても様々なブランドがありますが、口コミを見たりやサンプルを試したりすると、自分にピッタリのファンデーションを見つけやすいはずです。

 

また化粧下地はファンデーションの付きや持ちを格段にアップしてくれる優れものなので、使われている方は多いと思いますが、敏感肌には、あまり適しません。それは化粧下地にも油分が多く含まれているからです。

 

敏感肌の方の中にはファンデーションを直接肌に付けることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、化粧下地の代わりに美容液をしっかり塗っていれば問題ありません。

 

ファンデーションは敏感肌には刺激が強くあまりよくないという考えがあるかもしれませんが、ファンデーションを付けることで、紫外線や冷たい空気といった外敵刺激から肌を守ることができるという嬉しい一面もあります。